サラリーマンの副業の確定申告はここに注意!

サラリーマンの副業も、

所得(売上から必要経費を引いた額)が

20万円を超えると、確定申告が必要です。

 

「確定申告したら、副業が会社に知れるのでは・・」という心配をよく耳にしますが、

通常は税務署が会社に、社員が確定申告をしたという報告はしませんのでご安心ください。

 

但し、確定申告書を提出する際、一つ重要な注意事項があります!
確定申告書に「住民税に関する事項」という項目がありますが、

「給与・年金以外の所得にかかる徴収方法の選択」を、必ず「自分で納付」としてください。

選択をしないと、副業の収入も加味した住民税額が会社に通知され

「給料分より多いな」という疑問が生じ、

副業が会社に知れる可能性が高くなります。