確定申告が不要な場合はどんなとき?

確定申告が不要な場合    所得税の確定申告が不要な場合とは、次のようなケースです。

  • (1)1ケ所のみの給与収入で、年収2000万円以下の人
  • (2)公的年金のみの収入で、年間400万円以下の人

      ☆副業収入があっても、所得(収入−必要経費)の合計が年間20万円以下であれば、確定申告は不要です。

      ☆失業保険、宝くじ当選金、交通事故の損害賠償金は非課税で、申告は不要です

 

    ※ → 確定申告が必要なケースは、こちらをどうぞ

    ※ → 確定申告義務はないが、申告をしたら税金が還付されるケースはこちら。